アマゾンプライムミュージックの5つの魅力

punkrock10COLUMN
スポンサーリンク

Amazon Prime(アマゾンプライム)会員の魅力は、『お急ぎ便無料』『プライムビデオで映画やTV番組が見放題』『プライムミュージックで200万曲が追加料金なしで聴き放題』の3つ。

Amazon Prime(アマゾンプライム)会員になると、よく買い物をする人なら、お急ぎ便無料はありがたい会員サービス。プライムビデオで映像作品も無料で楽しめる。

僕の場合は、アマゾンプライムミュージックで音楽を200万曲以上聴けるのが一番魅力に感じた。

今回は、Amazon Prime(アマゾンプライム)会員のサービスの中でも、アマゾンプライムミュージックの魅力について。

Amazon Prime(アマゾンプライム)会員になるか迷っている人は参考にしてみよう。


Amazon Prime(アマゾンプライム)はアマゾンの有料会員サービス

Amazon Prime(アマゾンプライム)は、アマゾンの有料会員サービスだ。年会費4,900円を払って様々なサービスが受けられる。※年会費は2022年11月23日現在

アマゾンプライム会員についてはこちら>>アマゾンプライム30日間無料体験をする


アマゾンプライムの主なサービス

アマゾンプライムの主なサービス
  • お急ぎ便が無料
  • プライムビデオで映画やTV番組が見放題
  • プライムミュージックで200万曲が追加料金なしで聴き放題


Amazon Prime(アマゾンプライム)に登録して、アマゾンプライムミュージックを使ってみたら予想以上の満足感を得ることができた。

所有するのが当たり前のCDコレクターの僕だが、サブスクリプションのよさを知ってしまったというところだろうか。CDを買う時代じゃなく、音楽は定額で聴く時代だと痛感した。



アマゾンプライムミュージックはアマゾンプライム会員のサービス

アマゾンプライム30日間無料体験をする


アマゾンプライムミュージックは、200万曲を追加料金なしで聴くことができる。なんとなく音楽を聴きたいときに重宝するサービス。

新旧問わず聴くことができるので、新曲以外も聴きたい人にもぴったり。なんとなく洋楽を聴きながら作業をするなんてこともできるのが魅力だ。

ちなみに、僕はパンク名曲20選を聴きながら記事を書いている。


アマゾンプライムミュージックの5つの魅力

アマゾンプライムミュージックの5つの魅力
  • 好きなジャンルがあればリスト再生できる
  • 昔の名曲を発見できる
  • 聴きたい曲が明確でないときに考えなくていい
  • ジャンルが幅広い
  • 場所を取らない


アマゾンプライムミュージックは、音楽のサブスクリプションサービス。

ジャンルを問わず幅広い楽曲200万曲以上聴けるサービスなので、僕のようにCDコレクターでも満足できるサービス。CDをコレクションするのはスペース的にも限界があるので、膨大な音楽から聴きたいものを聴けるのは魅力的だ。


好きなジャンルがあればリスト再生できる

好きな音楽ジャンルがあるなら、アマゾンプライムミュージックは、あなたの好きな曲を発見するのに役に立つ。アマゾンプライム会員なら、もうジャケットのデザインで、当たりかはずれかわからないCDアルバムを買うことなく、好きなジャンルの音楽を思う存分楽しむことができる。


昔の名曲を発見できる

なつかしい音楽を聴きたくなることがある。たいていは、青春時代に流行した曲。ちょっと聴いてみたい程度の曲が見つかるたびにCDを買う必要はない。アマゾンプライムミュージックは、新旧問わず200万曲の楽曲を聴くことができる。


聴きたい曲が明確でないときに考えなくていい

なんとなく音楽を流したい。好きなアーティストや新曲を聴くことだけが音楽の楽しみ方ではない。なんとなく、自分が好きなジャンルの音楽を流すときに、アマゾンプライムミュージックは便利だ。


ジャンルが幅広い

アマゾンプライムミュージックは、その日の気分でいろんなジャンルの音楽を聴くことができる。例えば、今日はロック、明日はブルース、あさってはジャス、しあさってはクラシック。音楽の趣味が幅広いなら、CDアルバムを買うよりもサブスクリプションが便利だ。


場所を取らない

アマゾンプライムミュージックの魅力は、CDコレクターのときと違い場所を取らないこと。

スマホにCD音源を移すことなく、200万曲もの音楽を持ち歩くことができるのだ。もちろん、CDアルバムを置くスペースもいらないので部屋も広くなる。何度も聴くものはCDアルバムを買うのもいいけど、流行の音楽などはサブスクリプションにすることで無駄がなくなる。



アマゾンプライムミュージックを利用してみて

アマゾンプライム30日間無料体験をする


思っていたより便利で驚いた。なじみの曲から聴いたいことないジャンルまで幅広い音楽に触れることができた。

僕の場合だと、新しいジャンルを聴くときはランダムに一気に聴くタイプ。とりあえず、10時間ぐらいその世界にふれてみた。

普段聴かないジャンルの音楽を聴くことでジャンルで絞って音楽を聴く。気に入ったアーティストが見つかれば、今度はアーティスト名で楽曲を探して聴いてみる。新旧だけでなく、サブスクリプションをしなければ聴くことのなかった音楽を聴くことができる魅力が大きいと感じた。


アマゾンプライムミュージックの5つの魅力(まとめ)

アマゾンプライムミュージックの5つの魅力

アマゾンプライムミュージックの5つの魅力のまとめ。


アマゾンプライムミュージックの5つの魅力

  1. 好きなジャンルがあればリスト再生できる
  2. 昔の名曲を発見できる
  3. 聴きたい曲が明確でないときに考えなくていい
  4. ジャンルが幅広い
  5. 場所を取らない


アマゾンプライムミュージックの5つの楽しみ方

  1. ジャンルでまとめてくれている再生リストを聴く
  2. 好きなジャンルだけでなく、いろんなジャンルを聴いてみる
  3. 気になったアーティスト名をメモしておく
  4. 気になったアーティスト名を検索する
  5. アーティストのアルバムを聴く


アマゾンプライムミュージックが合わない5つのケース

  1. ネット環境が整っていない
  2. 聴きたいアーティストが明確
  3. 聴きたい曲が明確
  4. 同じ曲だけをヘビロテする
  5. 好きな音楽が決まっている

ネット環境が整っていない場合はお得感がないかも。


アマゾンプライムミュージックが合う5つのケース

  1. 新しい音楽を発見したい
  2. 新しいジャンルを発見したい
  3. マンションなどでレコードやCDをコレクションする場所がない
  4. インストを聴きながら仕事をする
  5. 音楽を聴くことが趣味

アマゾンプライムミュージックの魅力は200万曲を持ち歩くことができること。

ちなみに、僕はコレクターだけど、CDだけだと数万曲しか持っていない。音楽好きで幅広い音楽を聴きたい人は、過去の僕のようにかたくなにCDコレクターを続けるよりも、サブスクリプションを試してみるのがおすすめだ。

聴く音楽の幅も広がるし、自分の好きなジャンルを集中して聴くこともできる。まだアマゾンプライム会員になっていない人はチェックしてみよう。


アマゾンプライム30日間無料体験をする



スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました