【徹底比較】ポケカラで歌うならマイク?ヘッドセット?

【徹底比較】ポケカラで歌うならマイク?ヘッドセット?グッズ

ポケカラでカラオケをするときのマイク選びについて。

マイクを使って本格的に歌うのか、ヘッドセットで歌うのかを徹底比較していきたい。結論は、お金をかけられるならダイナミックマイク、費用とのバランスを考えるならヘッドセットがおすすめだ。

ポケカラは、マイクなしやマイク付きイヤホンでもカラオケができるけど、今回は音質にこだわりたい人向けの記事のため、マイクとヘッドセットの2つで比較することにした。


ポケカラとは

『ポケカラ』は、SNS機能のある無料カラオケアプリ。

ポケカラについてくわしく知りたいならこちら>>ポケカラ(Pokekara)は無料のカラオケアプリでは最強!?


ポケカラで歌うときはマイクかヘッドセットがおすすめ

マイク種類コンデンサーマイクダイナミックマイクヘッドセットマイク付きイヤホンマイクなし
総合評価★★★☆☆★★★★☆★★★★★★★★☆☆★☆☆☆☆
写真比較1:コンデンサーマイク比較2:ダイナミックマイク比較3:ヘッドセット比較4:イヤホンマイク比較5:マイクなし
音質×
価格×
保管×
その他必要なものありありなしなしなし
商品を確認するゼンハイザー
MK 4
ゼンハイザー
e 935
Logicool G
G331
SteelSeries
イヤホンマイク
ポケカラで歌うときの5つの接続方法の比較表


ポケカラはスマホをマイクにして基本無料でカラオケを楽しめるアプリ。

自宅でお金をかけずに楽しむならマイクなしでアカペラで歌うだけでも楽しめる。でも、本格的にポケカラを楽しむとなると、マイクなしでは楽しみが半減する。

ポケカラは、歌った音源を公開することもできるし、コラボをすることもできるのが魅力だ。自分の歌を誰かに聴いてもらうとき、コラボでコーラスを歌うときなど、できるだけきれいな音質で録音したいところ。


ポケカラマイクならダイナミックマイクかヘッドセットの2択

ポケカラで歌うとき、音質だけならコンデンサーマイクが一番だ。

でも、コンデンサーマイクは繊細なマイク。保管が難しい上に落とすと壊れることもある。それに、安いコンデンサーマイクを買うぐらいなら、ダイナミックマイクを買う方が音質がいい。

とことん音質にこだわるならコンデンサーマイクでもいいけど、カラオケアプリを無料で楽しむためのマイクならダイナミックマイクかヘッドセットがおすすめだ。


ポケカラのマイクで性能と価格のバランスがいいのはヘッドセット

【徹底比較】ポケカラで歌うのはマイク?ヘッドセット?


ポケカラマイクを選ぶときは、ダイナミックマイクかヘッドセットがおすすめだ。

予算が1万円までならヘッドセット、3万円~5万円をかけるならダイナミックマイクがおすすめだ。僕自身は、両方持っているけど、ポケカラで普通にカラオケを楽しむだけならヘッドセットでも十分楽しめる。

ダイナミックマイクは、ケーブルやマイクスタンド、オーディオインターフェイスなどこだわればきりがないが、ヘッドセットで物足らなくなるならダイナミックマイクを視野に入れるといいだろう。


ポケカラをヘッドセットで歌うならマイク可動式

ロジクールGのマイク可動式ヘッドセット


ポケカラのマイクでヘッドセットを使うならマイクを動かせるタイプを選ぼう。マイク可動式のヘッドセットは、口とマイクの距離を調整できるので雑音が入りにくい距離を選ぶことができる。

ヘッドセットは価格はピンキリだが、最低限の音質を確保するならLogicool G(ロジクール G)ヘッドセット G331がコストパフォーマンスがいい。


ヘッドセットのメリット

  • 接続が簡単
  • 音ズレがしにくい
  • 保管が楽


ポケカラのマイクでヘッドセットを使うメリットは、接続が簡単なことと保管の場所をとらないこと。

ヘッドセットは両耳がふさがるので、カラオケの世界に入ることができる。注意点は声が大きくなりすぎてしまうこと。

声が大きくなりすぎるなら、ヘッドセットの片耳を外して歌うことで自分の声の大きさを確認しながら歌うようにしよう。


スマホにマイク端子がない場合は変換アダプターを使おう

ヘッドセットは、マイク端子に接続するだけで使うことができる。スマホにマイク端子がない場合はイヤホン変換アダプターを使おう。


iPhoneイヤホン変換アダプター>>Apple Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

androidイヤホン変換アダプター>>USB Type-C to 3.5mm イヤホンジャック


ヘッドセットのデメリット

  • マイクを持って歌うカラオケではない
  • 音質にこだわれば物足らない


ポケカラのマイクでヘッドセットを使う一番のデメリットは、カラオケボックスで歌うようなマイクを持って歌うことができないこと。

マイクを持って歌いたいなら、ダイナミックマイクで歌うようにしよう。


ヘッドセットでポケカラを始める>>Logicool G(ロジクール G)ヘッドセット G331


ポケカラでマイクで歌うならダイナミックマイク

ゼンハイザーe935ダイナミックマイク


ポケカラのマイクでダイナミックマイクを使うなら、どこまでこだわるかを決めるようにしよう。

配線方法は、安くすませるならオーディオ変換ケーブルを使う方法があるが、とことんこだわるならオーディオインターフェイスを使うのがおすすめだ。


ダイナミックマイクの接続方法

ダイナミックマイクとスマホを接続方法がわからない場合は、別記事で紹介しているのでチェックしてみてほしい。

ダイナミックマイクとスマホの簡易接続の説明はこちら>>ポケカラでカラオケマイクとスマートフォンを接続する方法

オーディオインターフェイスを使う接続の説明はこちら>>ポケカラでマイクを使うときのAG3との接続方法


ダイナミックマイクのメリット

  • 音質がいい
  • カラオケをしている感じがする
  • こだわれば本格的に歌を楽しめる


ポケカラでダイナミックマイクを使うメリットは、カラオケボックスで歌うようにカラオケを楽しめること。ダイナミックマイクのグレードを上げれば、本格的に歌を楽しむことができる。


ダイナミックマイクのデメリット

  • ダイナミックマイク以外に買うものがある
  • こだわればお金がかかる


ポケカラでダイナミックマイクを使うデメリットはこだわればこだわるほどお金がかかること。

ダイナミックマイクを使う場合は、安くすませるときでも、ダイナミックマイク、オーディオ変換ケーブル、ヘッドフォンが必要になる。

接続を簡単にするなら、マイク端子で接続可能なダイナミックマイクを買っておこう。ゼンハイザーe935と比較用にソニーのダイナミックマイクを買ったが、カラオケを楽しむだけならマイク端子接続ができるソニーのダイナミックマイクで十分楽しめた。


マイク端子接続できるダイナミックマイク>>ソニー ダイナミックマイクF-V320

マイク端子のダイナミックマイクを接続する方法はこちら>>ポケカラでカラオケマイクとスマートフォンを接続する方法


ポケカラのマイクは音質と価格のバランスで決める

マイク種類ダイナミックマイクヘッドセット
総合評価★★★★☆★★★★★
写真ゼンハイザーe935ダイナミックマイクロジクールGのマイク可動式ヘッドセット
音質
価格
保管
その他必要なものありなし
商品を確認するゼンハイザー
e 935
Logicool G
G331
ポケカラのマイク比較ダイナミックマイクとヘッドセット


ポケカラマイクは、音質と価格のバランスで決めるのがおすすめ。

「カラオケにいくらかけられるか?」

マイクは何回も買いなおすものでもないので、あなたの財布と相談して決めることになる。迷ったらヘッドセットにしておくと失敗がない。

ヘッドセットは、音質のよさと価格のバランスがいい。スマホにつないでカラオケをするポケカラなら。ヘッドセットが使いやすい。

3万円以上かけるなら、ダイナミックマイクもゼンハイザーe935オーディオインターフェイスの接続をすると本格的なカラオケを自宅で楽しむことができる。


本気のカラオケ接続をするときに買うリスト


ポケカラでマイクにとことんこだわり、カラオケルームで歌うように楽しむなら、予算にあわせて購入していこう。

ポケカラでマイクを使うときのAG3との接続方法でくわしく解説しているのでチェックしておこう。

>>ポケカラでマイクを使うときのAG3との接続方法


配線などややこしいのは苦手で、手軽に自宅でポケカラでカラオケを楽しみたいならヘッドセット。


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました