レコード買取はどこがいい?【ネット申し込みベスト3比較表】

レコード買取はどこがいい?ベスト3【比較表】コラム

若いときにコレクションしていたアナログレコード。

しばらく聴いていなかったレコードを聴こうとしたら、レコードプレイヤーが壊れていた。ライフスタイルの変化で、レコードをコレクションするスペースがないなら断捨離をするのもひとつ。

あるいは、大掃除、引っ越しのタイミングで、アナログレコードを断捨離してしまうのもおすすめだ。

音楽をサブスクで聴く時代だからこそ、アナログレコードの需要は高まっている。あなたにとって不用品のアナログレコードも高値で取引されることがあるのだ。

アナログレコードを断捨離するなら、レコード買い取り無料査定に申し込んでみよう。


レコード買い取りはどこがいい3社比較表

レコード買い取りはどこがいい3社比較表
サービス名BUY SELL
バイセル
ECO STORE Records
エコストアレコード
Bee Records
ビーレコード
公式サイト
(イメージ)
レコード買取でバイセルを選ぶメリット・デメリット中古レコードの買い取り専門のエコストアレコード古いレコードの宅配買い取りBee Recordsを選ぶメリット・デメリット
店頭買取
※宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪

※JR渋谷駅徒歩5分
×
出張買取×
宅配買取
仮査定×
※アプリ
×
送料無料無料無料
査定無料無料無料
備考東証グロース上場企業ニューヨークに出店
販売力がある
アナログレコード専門
公式サイトhttps://campaigns.speed-kaitori.jphttps://ecostorecom.jphttps://kaitori-beerecords.jp
レコード買取3社比較表


レコード買取査定でどこがいいか迷ったら3社が候補になる。

出張買取に強い東証グロース上場企業のバイセル、仮査定後の宅配買取が強みのエコストアレコード、宅配買取のみだがアナログレコード買取専門のビーレコード。

すぐに処分したいのか、高く処分したいのか、レコードの枚数やプレミア感によっても、どのレコード買取がいいかは変わってくる。


迷ったときはスタッフへの教育の行き届いた上場企業『バイセル』で買取査定

もし、迷ったらバイセルで買取査定しよう。東証グロース上場企業のバイセルは、スタッフへの教育が行き届いていて気持ちのいい対応をしてくれる。買取査定で嫌な思いをしたくないなら、丁寧で対応のいいバイセルを選んでおこう。

東証グロース上場の丁寧・安心の無料買取査定を申し込む>>レコード買取ならバイセル


レコード買い取りはどこがいい?ベスト3のメリット・デメリット

レコード買い取りはどこがいいベスト3
  1. バイセル
  2. エコストアレコード
  3. Bee Records(ビーレコード)


レコード買取どこがいいか迷ったら、ネット申し込みなら3社の中で選んでおけば安心だ。

もし、車を所有していて、店舗持ち込みでレコード買取査定をするなら、ブックオフや古本市場でまとめて査定をしてもらう方法もある。

ただ、家の近くにレコードを買い取ってくれる店がない場合や、大量にレコードを処分する場合などは、宅配買取や出張買取をお願いするほうが楽なので、引っ越し、大掃除、断捨離などで大量にレコードの処分を考えているなら、ネットで申し込みをしてみよう。


1位:バイセル

レコード買取でバイセルを選ぶメリット・デメリット
引用:バイセル公式サイト:https://campaigns.speed-kaitori.jp
  • 東証グロース上場
  • 売る前に相談できる
  • レコード以外の商品も買取できる

バイセル公式サイト:https://campaigns.speed-kaitori.jp


レコード買取の大手『株式会社BuySell Technologies』が運営する『バイセル』。

買取実績は、業界トップクラスの1400万点以上。引っ越しなどで音楽関連のスピーカーやアンプ、楽器などもまとめて売りたいときに便利な買取サービス。

バイセルについてさらにくわしく知るならこちらの記事へ>>【レコード買取】丁寧な対応が魅力のバイセル


\迷ったらバイセルでレコード買取査定/

東証グロース上場の丁寧・安心買取査定>>レコード買取ならバイセル


2位:エコストアレコード

中古レコードの買い取り専門のエコストアレコード
引用:エコストアレコード公式サイト:https://ecostorecom.jp
  • 買取査定前に仮査定ができる
  • 販売力のある買取店なので高価買取が期待できる

エコストアレコード公式サイト:https://ecostorecom.jp


エコストアレコードは、ニューヨークに出店し販売強化をしている。ネットオークションebayでの販売力もあり、販売先が見つかっているから高価買取ができる仕組みができているのが強みだ。

世界に販売ネットワークがあるので、洋楽に強いレコード買取サービス。

エコストアレコードについてさらにくらしく知るならこちらの記事>>【中古レコードの買い取り】引っ越しのまとめ売りならエコストアレコード


\LPレコード10枚以上の買取査定なら/

LPレコードのまとめ売りなら>>【エコストアレコード】


3位:Bee Records(ビーレコード)

古いレコードの宅配買い取りBee Recordsを選ぶメリット・デメリット
  • 箱につめて送るだけの宅配買取
  • レコード専門店だからできる高価買取

Bee Records(ビーレコード)公式サイト:https://kaitori-beerecords.jp


Bee Records(ビーレコード)の強みは、レコード買取専門店であること。

レコード買取専門店のため、国内外の幅広いレコードを高く買い取ってくれるのが魅力だ。出張買取や店舗持ち込みには対応しておらず、宅配買取に特化したサービスを展開している。

あなたがで断捨離でレコードの大量処分を考えているなら、Bee Records(ビーレコード)があっている。


Bee Records(ビーレコード)についてさらにくわしく知るならこちらの記事>>古いレコードの宅配買い取りならBee Records(ビーレコード)


\50代に人気のアナログレコードの宅配買取/

50代の青春時代のアナログレコードを売るなら>>レコード買取BeeRecords(ビーレコード)


【まとめ】レコード買取はどこがいい?(レコード買取3社比較表)

【まとめ】レコード買取はどこがいい?(レコード買取3社比較表)


レコード買取ならどこがいいか迷ったら、あなたの住んでいる場所や売りたいレコードの量で、買取査定をしてもらう会社を決めよう。

おすすめの方法は、バイセルで相談するか、エコストアレコードのアプリで写真を送るだけでできる仮査定に申し込んで相場を知ってから買取先を決めること。

時間がない場合は、片道切符ではあるが、Bee Records(ビーレコード)に登録して、箱につめて送るのが手間いらず。

引っ越しでレコード以外に、レコードプレーヤーや楽器などもまとめて買取査定をしてもらうなら、バイセルの出張買取が丁寧で安心のサービス。


サービス名BUY SELL
バイセル
ECO STORE Records
エコストアレコード
Bee Records
ビーレコード
公式サイト
(イメージ)
レコード買取でバイセルを選ぶメリット・デメリット中古レコードの買い取り専門のエコストアレコード古いレコードの宅配買い取りBee Recordsを選ぶメリット・デメリット
店頭買取
※宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪

※JR渋谷駅徒歩5分
×
出張買取×
宅配買取
仮査定×
※アプリ
×
送料無料無料無料
査定無料無料無料
備考東証グロース上場企業ニューヨークに出店
販売力がある
アナログレコード専門
公式サイトhttps://campaigns.speed-kaitori.jphttps://ecostorecom.jphttps://kaitori-beerecords.jp
レコード買取3社比較表


引っ越しでレコードや楽器をまとめ売りするならバイセル

レコード買取で嫌な思いをしなくてすむのが、東証グロース上場企業のサービス『バイセル』。

大手だけあってスタッフの教育が行き届いているのが魅力だ。出張買取で丁寧な説明をしてくれるので、レコードをどこで売るか迷ったら、バイセルの出張買取に申し込んでみよう。


サービス運営会社:株式会社BuySell Technologies(東証グロース上場)

公式サイト:https://campaigns.speed-kaitori.jp


レコード買取ならバイセル



スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました